2012年09月05日

言葉遊び

23753800_1759826566_130large.jpg


開く
放つ
預ける
解放する
肯定する
受容する
任せる


23753800_1759826564_69large.jpg



結ぶ 
紡ぐ
重ねる
保つ
合わせる
締める
祈る


自分の中に浮かんだ言葉を二種に分けて( ..)φメモメモ

イラストはたまたま〜〜 二種あったんでそれぞれに合うかな??って思った言葉を合わせてみました

言葉にすれば簡単だけど
いざどうしたらって?思う言葉もあるし

やってみることは簡単だけどこれはなんていうの?
っていう行為もありますね

あわてたり焦ったり頑固になったり意固地になったりする自分を
どーのかこーにかなだめすかして

はるかに遠くに並んだ緑の松林を見て育ち 
そこへ犬を連れてってのんきに一日中散歩していたころの
素直な自分にちょっとづつFEEDBACKするように




513196623.jpg






















posted by YUE at 22:07| Comment(0) | シロップ(ポエム・雑文) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月31日

NHK 最後の笑顔

震災で亡くなった遺体の復元を行う納棺師のドキュメント

突然の死 そして無残な遺体状況
悲しみのやり場のない家族の無念と後悔と哀惜と

特殊な復元術で亡くなったその人の歴史「笑い皺」をよみがえらせて
残された遺族との対面をより暖かいもの
血の通った再会または別れにしようと納棺師は力を注ぐ

妻のよみがえった笑顔に感謝する夫
泣きじゃくる男の子
黙って受け入れる女の子
何もわからない幼子

こうした別れが震災以来何度繰り返されたのだろうか

会えた人 会えなかった人
あの瓦礫と泥と冷たい風の中で
一度繋がれた手はたとえ生きる世界は違っても離れない

夢の中で「お父さんにありがとうと言うのを忘れた」と言いに来た亡母
見えなくてもあの最後の笑顔のまま母は娘の夢の中で生きている

「じいじ」と呼ぶ声が愛くるしい着物姿の孫の存在を忘れないようにと
祖父母の心の庭で響いている

顔を見ずに逝ってしまった父親の面影を宿した元気な赤ん坊の頬に
今を生きるの遺族の力が託されている

失ったものはいつか形を変えて還ってくる
愛しい人を何度も何度も思い出しては泣いてその悲しみを海へ還して
笑顔で明日を生きる

納棺師の筆がそのことをいきいきとした優しい肌色で
穏やかな口元の笑みで伝える


あなたたちと明日も共に生きることを



04-1.jpg







posted by YUE at 20:41| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月29日

白昼夢

某曲を聴いて横になって画面を想像したら
BLACK DAIAMONDのキャラが飛んで舞って微笑んで消えていった

巨体をうねらせて上昇と下降を繰り返す7色のドラゴンが、彼らとくんずほぐれつ
それ自身になったり 背中に乗ったり
遠い水平線を目指して飛んでいく

今の被災地の瓦礫のイメージは
特に月が浮かんだ漆黒の闇の中の市街地は昔ちょっとだけ書いたファンタジーの光景に似ている

何もかもかゴミと化した過度の物質文明の中で
炎のように暖かい歌声を探す物語・・・だったようなw

結はそういえばドラゴンにならなかった
彼らにとても大切にされていたけれど
一人で行くべき場所があるからだろうか

和優希もドラゴンにもならず 乗ることもなく
ただ他の彼らが巻き起こす風にタバコの煙を散らかせていた

なるのか 添うのか
その違いの意味もまだわからないが
やはり今年はドラゴンイヤーなのだ
彼ら 自らこの物語に近づき取り込まれていった気がする

・・・ただの創龍伝好きなのかもしれないけど(爆)


そして彼らの生まれの源に大きな大きな災厄があるべきだとそのイメージの中で思ったこと

その悲しみの源
美しいブルーの海が癒しと再生のイメージで描けるときまで

ドラゴンは私の中で咆哮して
飛んで 旋回して
行くべき道を指してくれるだろう
img268.jpg
img132.jpg
img172.jpg
img028.jpg
img373.jpg












posted by YUE at 22:44| Comment(0) | シロップ(ポエム・雑文) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。