2012年10月08日

産霊〜むすび

今日出先で「鎮守の森」という大きな本を手にして読んだ箇所に

「産霊」で「むすび」と読む下りが
神様のお話が延々と続く中でのこの単語

「B・D」の中の結(むすぶ)という名前はある日ぱああっと湧いて出た名前

その双子の姉が元々は主人公だったお話で彼女の名前を「ゆい」にして「結」にして
弟は「むすぶ」と読ませたつもり

今までの人生でいろんな形で物語に出ては消えてまた浮かんだ光と闇の姉弟
一番の話のもとまたは書きたかったシーンは
「置き去りにされる弟」と「それを一生悔やみ罪悪感を持つ姉」だった


大好きだった漫画家 中山星香さんがあるファンタジーの中で語らせたセリフは
の中で今も繰り返される魔法の呪文だ

「夢見は夢で 歌うたいは歌で予言する」

ならば物書きは書き物で 絵描きは絵で予言する
いや 見たい夢を実現するのだろうか
いや想像でも妄想でもそれらがこの世につながる霊を生み出すのかもしれない

生み出された霊がまたこの世でつながって新しい物語や世界をどこかに生み出すのかもしれない

だからこそ生きている心に届くよい物語を
霊にも響く色や形を追いかけていきたいなと思う


23753800_1759826564_69large.jpg
23753800_1759826566_130large.jpg










posted by YUE at 22:16| Comment(0) | 裏語り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月21日

踊る大捜査線〜歳末編

踊る大捜査線〜歳末編


警察へ憧れて転職してきた元サラリーマン青島が、実際の事件や操作の前に立ちはだかる警察機構や慣習や現場と管理側の対立が無意味に踊るような現実に立ち向かいながら、自分の正義を自らの知恵と機転で貫く異色の刑事もの
火曜九時の連続ドラマとして放送されて好評を博して最初のシリーズに続けて作られた、まさに正当な続編といえるテレビスペシャル版
出世した室井管理官の命令によって湾岸署に戻っているはずの青島が、まだ余所で要人警備をしていることを知り、その書類の行方を探す騒動から始まる
刑事として戻った湾岸署でたらいまわしにされた青島が偶然遭遇また担当した小さな事件から大きな人質事件へと展開する
キャラクターの色を濃くした人物たちがまさに踊るようにそれぞれの立ち位置を回りながら、落ちたものを拾い上げては要所要所にはめ込んで最後に見事に踊るワールドを作り上げていく
すみれさんや真下君また署長はじめの管理職3人も元気で表情豊かに存在感を示す
「第九」などの印象的なBGMが大きな脇役になって物語は歳末という一年で一番あわただしい雰囲気を盛り上げて一気に収束していく様は見事
第一作のユニークでかつ乾いたとも思える連続ドラマの雰囲気がそのままスペシャルとして作られている
連続ドラマと同じく今回も役者陣も今は主役級になった女優や俳優が脇として花を添えているのが見どころ
ちょっとした芸能人図鑑にもなる豪華な配役に注目
惜しくも鬼籍に入ったいかりやさんや、小林さんの元気な姿も懐かしい
映画版3作目に出演した犯人役稲垣吾郎の細くタイトな皮の衣装があまりにクールでまた危ない毒の華のような色気を漂わせて、ちょっとズレたしかし緊張感を漂わせる湾岸署内の人質現場にシュールな現実味を与えとアクセントになっていて秀逸
今年ついに長年青島を演じた織田さんが大きな花であり重い看板でもあろうアーミージャケットを脱ぐ日が来たが、ファンの心には青島さんはいつまでも熱い心と俊敏な知恵で湾岸署のまっすぐな道路をひょうひょうと歩いているだろう
しかし大きな企業を長年支えるほどの大ヒット作が残したものはあまりに大きくそして去ったあとの穴は大きいと感じるのは私だけだろうか



img_1027279_29937964_0.jpg





posted by YUE at 19:11| Comment(0) | 感想色々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月15日

HIKARI

img057.jpg




誰かに愛されること

誰かを愛すること

自分に自分で名前を付けて愛すること

自分がいる世界をきちんと見つめること

見えない世界から見える世界へ

つながることを拒否しないこと

想定外の大災害によって一瞬に砕けて死ぬことも

愛しいと思いながら首を絞める親によって殺されることも

若くして病に苦しみ戦うことも

見える世界では同じこなすべき試験問題にすぎない

そして見える世界で誰かの希望になることもきっと同じこと

大きなことも小さなこともその手がなければできない

見えない世界からの優しいその手はきっとお前の傷ついた

その手に添えられているのだから

だから決して離さないで

うなだれてもつらくても悲しくても

つながれたその手に強く伝えること

光は内なる自分にこそあふれ

自分はいつでもどこでもあなたに愛されていると


コピー (2) 〜 img159.jpg
img219.jpg
img246.jpg






posted by YUE at 22:23| Comment(0) | シロップ(ポエム・雑文) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。