2012年11月16日

「ふたたびの加奈子」    新津きよみ

「ふたたびの加奈子」    新津きよみ

五歳の娘を亡くした夫婦の物語・・・と聞いて胸が痛かった
私の妹も5歳で交通事故で亡くなって、そのあとの両親を子供ながらにずっと見てきた
納棺の時小さな遺体にすがってさせなかったという母
8歳だった私はそれを見るのが怖くてその場に行くことさえ拒否した
さっきまで生きていたはずの愛する人間が、冷たい物言わぬ骸になって帰ってくる不条理
事故にしろ災害にしろ病にしろ悲しみや怒りは同じだと思う
そして自分の命と取り換えてもいいと思うだろう

この物語は娘を失った母親が見えない魂になった娘を追いかけてみたものから大きく物語は動き、意外な方向へゆったりとしかし巧妙な仕掛けと一緒に進んでいく
保母や栄養士の資格を持ったしっかりものでありながら、人に知られたくない目的へと冷静にまたひたすらに進む母親 容子
そのひたむきさに危うさを感じながらも亡くなった娘の魂を追いかける彼女を心配し、またあっけなく失った娘を愛する父親 良樹
奇抜さのない濃い印象のある人物像が少ないのが物語にリアリティを出す一方、ファンタジーな場面を交えた淡々とした喪失と再生の物語としての印象がある
派手な展開やどんでん返し的なダイナミックさは少ないが、その分無力な子供に対する大人の持つ心理的な圧迫感や閉塞感が読むほうに緊迫感を与えてくれる
恐怖というより母親として同じ人間として事情を抱える、それぞれの登場人物への淡い共感や親近感が、物語をよりリアルに感じさせた
すべてが終わったラストの夫の良樹の一言が私の涙を誘った
そして生きていた人をある日突然失った悲しみを思い出しまたその傷を束の間癒された気がした

このシーンを広末涼子 稲垣吾郎が出演する来年公開予定の映画の中で早く見たいと思う
可愛い加奈子はどんな笑顔で私たちを迎えてくれるだろうか
きっとそこで私は40年前の私の母の体験をなぞるのだろう
しかし私は当時の8歳の子供ではなく、震災を経てまた自分が育てた子どもを送り出した大人として受け止める

「失ったものは形を変えて還ってくる」 
漫画家内田善美さんが作品の中で語らせたセリフが頭を横切った


img_851536_36573667_8.jpg




posted by YUE at 21:25| Comment(1) | 感想色々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
財布 ルブタン [url=http://www.swimenlargejp.biz]水泳[/url] <a href="http://www.swimenlargejp.biz" title="水泳">水泳</a>
Posted by 水泳 at 2013年07月20日 17:02
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。