2011年09月28日

映画 忍玉乱太郎

映画 忍玉乱太郎




昨年公開されて今年DVD発売
いまだ好評の声が絶えない「13人の刺客」を作った三池監督が作った少年漫画の実写化

結果的には三池ワールドというものにあまり実感がない私に、改めて彼の監督創作者としてのジャンルの広さや自由闊達さを強く感じさせるものに

旬の子役として実力と魅力にあふれた加藤清史郎を主役に
世代を超えた有名無名の子役や役者が、極彩色の画面にあふれんばかりに動き話し飛び出してくる世界は正に三次元漫画
ギャグだけではなく親子の愛情や哀切 仲間との連帯や敵との攻防戦
二次元では映し出せない色や影を時には滑稽なほど愚直に表現している気がした

漫画という二次元の中でOKのものを、立体で再生する失敗か成功かの分かれ道は
メガホンをとるものが、どのようなスタンスや世界観で出来上がっている二次元の原作世界を知っている観客に提供するか腹をくくることしかないと思う
その作る視点がずれているのか当たっているのか
原作を知るもの知らないものもできるなら同じように感じたいが、それはあくまでそれぞれの感性だ
ならば作る側が腹をくくり最大限の努力をして、見ているものを一個の作品として自信を持って提供するしかない
三池監督はそういう切り替えがくくり方ができる人だから、刺客から忍玉まで地の果てまで違う世界を自分のカラーで提供していけるのだろうと思った

世界の共通語は笑いだと聞いたことがある
憎めない悪役と忍玉たちとの攻防も愉快だが、その合間の原作を知るものならおなじみのギャグが見ているものをほっとさせてくれる
個人的には「御残しはゆるしまへんで〜〜」の食堂のおばちゃんの出番が少なかったのが心残りだ

歌手は変わっても放送開始当時から変わらないエンドロールのテーマソングが、幼い子供らと一緒に見ていた夕方の空気を連れてきた
永遠に変わらない乱太郎たちは、まだミルクのにおいのする当時の私の子供たちと同じように記憶にインプットされている
posted by YUE at 20:58| Comment(2) | 感想色々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月23日

B・D 23

あんまり久しぶりの更新に小説の内容さえも忘れてる・・・

多少の?矛盾その他はスルー推奨w
















img014.jpg

「ガウッ」
太く思い唸り声とともにカレシンの大きな頭が、影をばっくりと口にくわえようとした。
牙を逃れようとした影の一つが捉えられて、カレシンの長い凶悪なあごの中で埃のようにほろほろと崩れて消えてしまった。
その光景に他の無数の影が、最初のヒカルの殴打の時と同じように怯えたようにゆらめく。
ヒカルを持ち上げた仮面のような顔の怪物は、彼にその割れた裂け目からからどろどろとした液体の流れる顔を近づけてきた。
『ニチリン・・・』
掴まれているヒカルにわずかに聞こえる声がした。
仮面の口らしきところから漏れてくる、かすかな風のような音だったが。
『ニチリン・・・ノセイ・・・・ヨ』
「・・何?」
胴体を掴まれながらヒカルは耳をそばだてたが、それは乾いた風のように一瞬聞こえただけで後は聞こえなかった。
意味不明の言葉より今は脱出だと、ヒカルは深く息を吸いながら持っていた杖を両手で持ち上段の構えからゆっくりと、自分を掴んでいる甲殻類のような上皮の腕に振り下ろした。
老人がつくただの丸みを帯びた黒い木製の杖は、堅そうなその腕をまるでケーキを切るように裂いていき、肘の部分から二つに切り離してしまった。
先ほど掠れた声で何かを言っていた仮面の口から、吐き気を催すような響きがして叫び声が出た。
同時に切り離された腕と一緒にヒカルは地上に落ちたが、掴んでいた手がクッションになりダメージもなく地面に転がり落ちてから、素早く立ち上がり杖を構える。
その視界の中で結とカレシンの周りの半透明の黒い影が、じわりと包囲網を縮めていた。
「結!」
ヒカルが叫んで走り出そうとしたとき、片手をヒカルに切られた大きな怪物がその体の大きさに似合わない素早さでヒカルのわきをすり抜けた。
その距離が一瞬一番近くなったとき、ヒカルの耳の中をある言葉が掠めた。
先ほど聞いた怪物の掠れた音によく似ていたが言葉は違った。
「ゲツリンノセイレイ」
頭の中であてはまる文字や漢字を探す暇はなかった。
「逃げろ!」
カレシンにかじりつき離れる気配のない結にその怪物の残った手が届こうとしたとき、ヒカルの耳元を掠める音があった。
鈴が一鳴りなったような音とごうと風が切れる音が、混ざったようなその音の行き先に結と怪物が並んでいた。
その手が結とカレシンを握りつぶす画像が、ヒカルの脳裏にサブリミナルのように瞬間的に入り込み、思わず彼を絶叫させた。
「結!」
ヒカルの声とともに大きな衝撃音を伴ってざっくりと二つに割れたのは、甲殻類のように堅く節くれだった上皮に覆われた胴体だった。
結の一歩手前で何かの衝撃で折れた胴体を転ばせたそれは奇妙な音階の悲鳴を響かせる。
カレシンにしがみついて動けない結に残った腕を伸ばそうとしたが、それを走り寄ったヒカルの足が蹴りあげ振り下ろした杖で両断した。
「どけ 」
その時頭の中に響いた声に動きを止めたと同時に、背後に人の気配を感じて振り向いたヒカルが見たのは、すらりとした若い長身の男性が長い弓を構えて立っている姿だった。
ヒカルが振り向いたと同時に矢が放たれて、ヒカルの視界を見えるようにゆっくりと飛びそれは吸い込まれるように、身をよじっている怪物の体に刺さった。
その矢が刺さると同時に、怪物の体の内部から体を裂くように明るい黄緑色に近い黄色い光があふれて、その光によって表面を覆っていた厚い甲殻状の皮膚にひびが入りそして割れるように細かく砕かれていった。
その様子に目を離せないでいたヒカルの脇に、今弓を放った男が立っていた。
怪物から溢れた光でさらりとした前髪と、朝黒い肌の顔にまつ毛の長い形のいい黒い瞳を輝かしている。
片手を顔の前に添えると何かお経のような言葉を唱えて、もう片方の手に持っていた小さな黒い金属製の球体を怪物の体の前に差し出した。
「御身この世の主でないことを知りここまで下がれ」
大きな怪物の体いっぱいに広がって光っていたものが急速に小さくなり、そして一つの小さな塊になって花火のように真上に上がった。
「御意」
その声とともにその緑がかった薄い黄色の光の塊は、自ら男の手の小さな球体の中に素早く入っていった。
男は入ったその球体の蓋をしてまた目をつぶって、何かを口元で唱えた。
それと同時に無音になった時に、ヒカルがわれに気が付いて周りを取り囲んでいたあのたくさんの影を探したが、もう一個もない。
代わりにまたヒカルが知らない、髪を刈りこんだ目つきが鋭い角ばった顔の若い男がリュックをしょって、何もない芝生の真ん中で周りを見渡していた。
不審に思うヒカルの険しい顔に気が付いたその男は、一転人のよさそうな優しい笑顔をして声を出した。
「あ、もう大丈夫ですよ 鞍馬山の水を撒いたから群霊は退散しましたから。」
今までの気配とは全く違った気が抜けるような普通の会話に、ヒカルはちょっと眉をひそめて答えずに黙っていた。
「速人 結界を解かないと彼も普通のホストに戻れないんだ」
弓を抱えて近づいてきた長身の男がリュックにジーンズの男に言った。
「はいはい」
男は背中のリュックを下すと、中から鈴と白い紙が巻き付いた細い紐を巻いたものを出した。
あと細い竹串のようなものを束ねたものを出して、それを地面に等間隔で突き刺していく
その間に先に出した紐を置き、速人と呼ばれた男は顔の前で手を合わせて読経をし始めた。
すると紐が自分の意思を持つように立ち上がり、そして地面に突き刺された細い棒に絡みながら地面を這うように進んでいった。
紐の先についていた鈴がその動きに合わせるようにチリンチリンと静かに鳴った。
地面に刺されて這った紐と串は六角形になり、最後にたわんだ部分が自らきつく張り一本の棒の作った歪みのないものになった。
速人と呼ばれた若い男がそれに向かって、背の高い男がしたように合掌して読経を唱える。
地面に刺されて這った紐と串は六角形になり、最後にたわんだ部分が自らきつく張り一本の棒の作った歪みのないものになった。
速人と呼ばれた若い男がそれに向かって、背の高い男がしたように合掌して読経を唱える。
地面に刺されて這った紐と串は六角形になり、最後にたわんだ部分が自らきつく張り一本の棒の作った歪みのないものになった。
速人と呼ばれた若い男がそれに向かって、背の高い男がしたように合掌して読経を唱える。
紐についていた白い紙が読経と一緒に震えたかと思うと、そこから一筋の光がほとばしり六方向に走った。
その時走った六色の光 青 赤 白 桃 黄 緑が横に走り、そしてカーブを描いて空に上昇して、また一つに合わさり最後に強い一つの輝きになり消えた 
まばゆい光のショーに目を奪われてると、ヒカルの中で立ち上がっていた凶暴で熱くて激しい感情の波がどこかに吸い込まれていくのが感じられた
涼しい夕方の風がヒカルの頬をなぜていき、金茶の髪が躍るのがわかった。
今までの闇が溶けて、見慣れた並んだビルの上に夕暮れの沈んだ青と滲みかけたオレンジ色の雲が流れる空が見える
「結界が解けて現生の人間にも見えるようになる 杖を離したほうがいい」
黒っぽいスーツを着こなしたやたら手足の長い先ほど弓をつがえた男が近づいてきて言った
手にはもうあの長く太い弓はなかった。
長いまつ毛に縁どられた形のいい瞳が和らいでいる
怪物と対峙した先ほどの厳しく険しい顔はなかった
しかしヒカルは警戒の色を解かないのを、返答がないことで察した彼は、両手を広げて見せて敵意も武器も何も持ってないことを示した
ヒカルの顔色が少し和らぐのを見た彼はまたにこりと笑った
「あんた誰だ?」
いぶかるヒカルが当然だという顔で男は答えた
「澤村 和優貴(さわむら かずゆき)」
「助けてくれたことには礼を言うが」 
「鞍馬山から来た使いだ 君と彼を保護するために総領から使わされた 怪我はないか?」 
見知らぬ男がなめらかに口に出した言葉に眉をひそめたヒカルはそれでも美麗だった。
「保護?」
「君と彼が一緒にいると危険なんだよ」
和優貴は優しい目をカレシンにしがみついたまましゃがみこんでいる結に向けた
カレシンが大きく激しく尻尾を振ってこちらをじっと見ている
口を大きく開けて興奮した表情だった
「カレシンもういいぞ」
和優貴の言葉にカレシンが結の腕からすり抜けて、こちらに勇んで走ってきた。
掴んでいたカレシンの体がなくなり腕を地面につけたまま、結がしゃがみこんだままカレシンを目で追った。
走り寄ったカレシンとすれ違うようにしてヒカルが結のもとに走り寄った。
「大丈夫か?」
そばに来てしゃがみこんで肩に手を置いた真正面のヒカルの目を結は下を向いたまま見ない
わけもわからない世界や異生物を見てショック状態なのかと思い、ヒカルはあごを掴み顔を上げさせた
真っ青な顔に真っ黒な瞳が宙を切っている
「結?」
反応がない結はヒカルは両肩を掴みもう一度呼ぼうとしたとき背中から声がした。
「よしよし、ご苦労さん お前のおかげで月輪の精霊が見つかったよ」
ヒカルの耳がそれを捉えた瞬間、結の眼が光を取りもどして同時に全身が硬直したようになった。
口を開くが、息を吸い込めないようにパクパクしている
「結!」
肩をゆすぶり名前を呼んだが硬直が止まらなかった。
ヒカルは結の体を躊躇なく、自分の体に押し付けて声が口をかたにつけて直接体に響くようにして言った
「結 」
その声に体の緊張がふっと緩んだ
「ゆっくり息吐け」
ヒカルと接触した部分から痩せた薄い結の体の緊張が解けていくのが感じられた
必死で普段のように手のかかるやっかいなやつだとは思わなかった
息を吐いた後やっと吸いこみ、それを浅くても二三回繰り返したのがわかるとヒカルは体を離して結の顔を覗き込んだ
ややうるんだ虹彩のない瞳がヒカルの顔を見た
先より色が戻ったピンク色の唇が少し開いて震えている
「怖かったか もう大丈夫 もとに戻った」
ヒカルはその声に力なくうなずいた結の顔を見て、ちょっとほっとして笑った
意外なほど、未だに異常な体験をした軽い高揚感が残っている自分のために、ヒカルはそれを抑えるためにも笑った


img012.jpg






posted by YUE at 20:49| Comment(0) | CRAPS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月18日

B・D22


このブログの震災前の記事にニュージーランド地震の際の思いを書いた文章がありました

その記事がそのまま自分に、故郷にふりかかるとは思わずに書いたのが今となっては不思議です


この地震の際にNZに住む同級生の無事を知らせるメールが、震災で亡くなった同級生の最後の私へのメールになってしまいました

この震災を機にネット上で再会した同級生に

「30年も会ってないのに絵は覚えている」
「昔サイン帳に詩を書いてもらった」

などの話を聞かされて今更ながら青くなったり赤くなったりしていますw

亡くなった彼女もきっと昔の私の絵を見てくれていたのかな?


地震・・津波・・・実はこのブラックダイアモンドで取り上げようとしていた災厄が事実になり、多くの犠牲が現実となって目の前に出されて今後を書くのをますますためらったのですが

しかし一方で、モデルからも離れて自立して私の中に住んでいる彼らを、この半年でますます自覚もしました

先行きも設定も決まっていない、どこまで行くか、どこまでかけるかなんの保証もない物語ですが
瓦礫の中生き残ったものの責任として
読む方に美しいイマジネーションと優しい感情をあふれさせる文章を心がけて書いていきたいと思いますのでよろしくお付き合いください













ヒカルがずいと黒く光る老人用の杖を、片手で前に迫った黒い影にかざすと影はおびえたよう
に震えて避けた。
「なんだ、勝手に来て、勝手に逃げるのか?」
ヒカルは美麗な顔をちょっとゆがめて笑い、さらに前に出て影に迫る。
乱れた明るい金色がかった長い茶髪が、軽くサロンで焼いたなめらかな頬をさらりと流れて肩
に落ちた。
極上の絹のような輝きを持つヒカルのトレードマークのようなその髪から、何か細く薄いほとば
しるようなオレンジとも赤ともつかない光が見えたような気がした。
彼の背中でカレシンの首を抱いていた結は、それをぼんやりとまるで綺麗な花を見るような気
分で見ていた。
不気味に透けた黒い大きな人影の多くをバックにした後姿のヒカルは、まるで自身がうっすら
と発光するように淡く全身が輝いている。
ゆらゆらと揺らめきながらその影は時々長い触手のようにこちらに伸ばしてくる。
しかしその先は決してヒカルの放つ,淡いオレンジ色のフレアには近づくことはできないのだった。
結には黒い厚い雲の下の黒い影のあふれたスクリーンの中の、ヒカルは小さな地上の太陽
のように見えた。
そして見えなくてもヒカルが、生まれて初めて人外の相手を前にしても不敵な笑みを浮かべて
いるのが感じられた。
口では戸惑っていても態度は完全に正体不明の相手を飲んで、一歩も後に引くつもりはない
らしい
影がヒカルのフレアに触手のような腕を伸ばしては、怯えたように引っ込めてはまた出す
ヒカルが自分に一本伸びてきた黒い触手を、目にもとまらぬ速さで手に持った杖で叩いた。
触手はさきに手に触れた時と同じように、杖に触れるか触れないかの瞬間にまるで火に触れ
て、燃えて消えるようにちりちりと細かいチリになった。
「ひゅう」
ヒカルが確信めいた響きで口笛を吹いた。
また翻った髪が一層明るくオレンジ色に輝いたようだった。
ヒカルの自信とともに内部から輝きが増すように。
羨望と嫉妬の対象である歓楽街のナンバーワンホストで、荒っぽいことや陰湿な喧嘩にも慣
れているヒカルだが、それでも人外の相手などしたことがない。
怖くないといえば嘘になるが、彼自身は何故かここが本来の自分の住処だというような気持ち
があることに気付いた。さらに目の前の無音の影が自分らに怯え、また同時に飢え乾いた人
のように欲してるのが感じられた。
彼らの中はまるで氷のように冷たくてがらんどうの穴のように空っぽのくせに。
その奥の奥からまるで焼き焦がすような、じりじりとした腐臭のする怯えやひりひりした飢餓感
が押し寄せてくる。
何がほしいのかわからないが自分たち二人に、その方角が向いているのはよくわかる。
特になんの防御もできないひ弱な結に対しては凶暴なまでに。
真っ黒な目を見開くばかりの結が背中に冷たい空気を感じたときは、すでにその大きな鎧を
被ったような等身大の黒い顔がすぐそこまで来ていた。
振り向いた結の顔にその真っ黒な顔が迫り息もできないような腐臭を含んだ息を吹きかけた。
出ない声で上げた悲鳴を聞いたヒカルが振り向きざま持った杖を、仮面のような表情のない
大きな黒い顔に叩きおとした。
耳を裂くような擬音を含んだ悲鳴がして顔が割れた。
杖が触れた部分から崩壊して中からどろりとした汚物のような色の液体が流れてくる。
それを避けようとしたヒカルの体を、顔の胴体についていた細い体には不釣り合いな長い黒い
いびつな形をした腕が素早い動きでつかんだ。
「うあ」
空中にもち上げられながらその感触の気色悪さに鳥肌をたてながらヒカルはもがいた。
その姿をカレシンにすがった結が目を大きくしながら見ている。
カレシンが長い牙をむき出して、首の毛を逆立てながらもじっと結のそばから動かないのがヒ
カルにわかった。
「カレシン動くなよ! 」 
胴体を掴まれた苦しさの中で叫んだつもりのヒカルだったがかすれて音が出ない。
ヒカルがいなくなった空間に周りの無音の影が押し寄せて、そこにいる結に近づこうとした。








posted by YUE at 11:34| Comment(0) | CRAPS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。